自己処理とサロンの違いって?毛の悩みを解決しちゃおう!


自己処理にもいろんな方法がある!

自分の好きなタイミングで、少ない道具で除毛できる自己処理。簡単に毛の悩みを解決することもできますが、やり方によってはかえって肌トラブルにつながる恐れもあります。毛抜きは毛根ごと毛を抜くことができる一方で、毛穴から細菌が入り込みやすいです。脱毛テープ・脱毛クリーム・カミソリ・電気シェーバーなどは、一気にムダ毛処理をすることができますが表皮まで傷つけてしまうことも少なくありません。このように自己処理は炎症などの原因にもつながってしまいます。

サロンで受けるメリットとは?

サロンの場合、事故処理と違ってプロが脱毛処理を行います。そのため安全性に配慮して行われます。サロンで行われるのは「光脱毛」。光で毛根にダメージを与え、毛が生えるスピードを遅くします。そうすることでムダ毛が生えにくくなります。この効果の長さもサロンのメリットといえます。ただしサロンの場合、当然プロにお願いするのである程度費用がかかります。また一定期間通い続けないと効果が出ないので、通いやすい場所を見つけることが重要です。

サロンに行く場合も自己処理は必要!

サロンで行われる光脱毛はメラニン色素に熱を加えることで毛根を傷つけます。この時ムダ毛の長さが長いと余分に熱を持ってしまい、やけどにつながるリスクも生じます。ですのでサロンで除毛する前に、ある程度毛の長さを短くする必要があります。サロン前に自己処理する場合は、泡立てたクリームをたっぷりつけ、カミソリや電気シェーバーで剃ります。毛抜きやテープで処理してしまうと、皮膚へのダメージが大きくなりサロンでの施術が受けられなくなるので注意しましょう。

広島の脱毛では、施術中に冷却ジェルを使用するだけでなく、施術後には保湿ローションでしっかりとしたアフターケアも行っているため、肌トラブルの発生を抑えられます。