毎日の手入れ方法を少し変えることでシミを増やさない!


摩擦が肌を老化させシミをまねく

間違ったスキンケアで、シミを増やしている人は意外と多いんです。その原因が摩擦。メイクをしっかり落としたいからと、必要以上に肌をこすってしまうのはシミをまねく要因のひとつ。とくに、洗顔やクレンジングは、肌がぬれていて刺激を受けやすい状態なので、強くこする習慣がある人は見直しが必要です。指の腹をつかってやさしくなじませたら、時間をかけずさっと洗い流しましょう。

ぬるま湯で洗い流して

クレンジングや洗顔のときに、汚れ落ちがいいからと熱めのお湯を使っている人は、今すぐやめるべき。汚れだけでなく、大切な皮脂やうるおいも奪われてしまいます。同じように、暑い蒸しタオルを当てるのも、乾燥してしまうので避けましょう。肌にとっては、体温より高い温度のお湯はダメージにつながります。落ちがいいからと40℃くらいのお湯で洗顔をつづけると、肌が乾燥してバリア機能の低下につながります。もっとぬるい、冷たくはないと感じる程度、体温よりやや低いくらいがおすすめです。

拭くのではなく吸水させて

肌の摩擦は老化をまねくため、百害あって一利なし!とくに肌がぬれているときは刺激を受けやすいデリケートな状態なので、拭くときにこすると必要な肌の角質まではがれて、紫外線のダメージを受けやすくなってしまいます。また、どんなふわふわなタオルを使っていても、肌をこすってしまっては元も子もありません。大事なのは拭き方。タオルで水けを拭くときは、決して力を入れてはダメ。タオルに(吸水させる)イメージで、できるだけそっと当てるようにします。

シミとは、老化や紫外線が原因で、肌にメラニン色素が沈着して変色が起こった状態を指します。また、ニキビの炎症が原因になることもあります。