リバウンドしないダイエット!?脂肪溶解注射を受けたい理由


脂肪を溶かして数を減らせる方法

落ちない頑固な脂肪を落とすために役立つのが脂肪溶解注射で、脂肪を溶かして排出させることができます。通常のダイエットだと脂肪細胞を小さくすることが可能ですが、細胞の数を減らすことができません。前者の方法はリバウンドのリスクがあり、頑張って痩せてもダイエットを中止すると少しずつ体型が元に戻っていくことが多いです。脂肪溶解注射にはダイエットでおなじみのフォスファチジルコリンやL-カルニチン、αリポ酸などが含まれています。これらの成分はサプリから摂取することが可能ですが、直接注射したほうが断然実感しやすいです。細胞の核とも言えるミトコンドリアを活性化し、体脂肪・血中脂質が燃えやすい状態にしてくれます。

注射一本でダイエットできるのが魅力

脂肪溶解注射によるダイエットは注射だけで行えるのがメリットです。カニューレを使用して脂肪を吸引する必要はありませんし、もちろんメスも入れません。注射針は細いものを使用するので、痛みはそれほど強くないです。多少の痛み・赤みなどが発生することはありますが、時間とともに軽減していきます。施術後はすぐに化粧をして問題ないので、翌日の仕事に影響することはありません。他の治療法と比べてダウンタイムは少ないので、肌が敏感な人でも受けられます。脂肪溶解注射は注射だけの簡単な方法だと思われがちですが、体質や肥満のタイプをよく見極めてから施術をする必要があります。薬剤の量を調整することもポイントなので、脂肪溶解注射の実績あるクリニックで受けてください。

脂肪溶解注射は有効成分を皮膚に注射することで皮下脂肪を減少させるもので、脂肪吸引とは違って注射をするだけということもあって人気となっています。