脱毛はエチケット!?自分に合った脱毛でむだ毛を処理


シェービングの刺激を抑えるために

むだ毛を処理するのはエチケットで、特にヒゲはしっかりと処理しておきましょう。最もよく行われている処理方法はシェービングで、痛みを伴わないのがメリットです。ただし剃るという行為は肌には悪く、毎日行っていると赤くなったりヒリヒリしたりする場合が多いです。シェービングによる刺激を少しでも抑えるためには、ヒゲを十分に蒸らしておく必要があります。シェービングクリームを泡立てるときは、アナグマの毛のシェービングブラシを使用するのが好ましいです。寝ているヒゲを立ち上がらせたり、毛穴の汚れを落としたりするために役立ちます。クリームには保湿の目的があり、カミソリから肌を守ってくれます。カミソリ負けをしやすい人は、良質のシェービングブラシとクリームを使用して剃ってみましょう。

抑毛できる数少ない脱毛方法とは

抑毛できるのが業務用脱毛器の特徴で、むだ毛を細くするために役立ちます。エステやクリニックの脱毛は処理回数に比例してむだ毛が軟毛になっていきます。軟毛になるとシェービングするときの負担が軽減し、肌荒れを起こしにくくなります。ホームケアには抑毛できる方法はないため、永久に処理から解放されないわけです。むだ毛が濃いほどシェービングするときに摩擦抵抗が大きくなり、肌を傷めることになります。それゆえ剛毛の方ほどエステやクリニック脱毛をするメリットが大きいのです。特にクリニック脱毛は最もすべすべにできる方法で、施術は医療資格者が行ってくれるので安心です。使用するマシンはエステよりも出力が高いため、少ない回数ですべすべにできます。

えりあしの脱毛は、サマーシーズンやブライダルの前に希望をする女性が多くいますが、産毛まで綺麗に処理するには高い技術が要求されるため、実績のあるサロンやクリニックを選ぶ必要があります。